金澤翔子書展  『龍雲寺』 静岡県浜松市
金澤翔子書展

金澤翔子書展 次回はH30・11・21~12・2

金澤翔子書展の龍雲寺での毎年の開催が決定いたしました。
また、
その年の集大成の新作を発表する書展とし、新作も龍雲寺へ奉納する事もありがたくも決定いたしました。
詳細が決まり次第、こちらでご案内いたします。
開催日
平成30年11月21日~12月2日


書展期間以外も、常設作品(世界一大きな般若心経など)は常時拝観可能




世界一大きい般若心経は常設展示中

なお、展覧会以外でも
常設展として
世界一大きな般若心経などは数点は展示しております。
いつでもお越しください。

書展期間外の
拝観のご案内は【こちら】

世界一大きい般若心経など




 


■メールマガジン登録(お願い)
 展覧会の開催情報なども配信しております。登録者向け優先予約もあります。
 登録はこちらより




 



 世界一大きい般若心経イメージ動画

再生を押してご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

金澤翔子プロフィール

1985年東京都目黒区に生まれる。5歳から母の師事で書を始める。

20歳の時、銀座書廊で初個展。その後、鎌倉建長寺、京都建仁寺で毎年個展。奈良東大寺で揮毫・奉納、個展。福島に「金澤翔子美術館」を開設。27歳、NHK大河ドラマ「平清盛」揮毫。銀座に「銀座金澤翔子美術館」を開設。平泉中尊寺で揮毫・奉納、個展。熊野大社、厳島神社で揮毫・奉納。28歳、国体の開会式で揮毫。天皇の御製を揮毫。30歳、国連本部でスピーチ。ニューヨーク・チェコなどで個展。京都に「シナリー金澤翔子美術館」開設。愛媛県立美術館、福岡県立美術館で個展。三輪明神大神神社で揮毫・奉納、個展。太宰府天満宮揮毫・奉納、個展。比叡山延暦寺で揮毫・奉納。伊勢神宮に奉納。日本福祉大学准教授。

公式サイトより抜粋



龍雲寺までのアクセス

■お車でお越しの場合

浜松駅より15分
浜松西インターより20分
豊橋市街より35分

◎駐車場 80台完備

 

 

■電車でお越しの場合

東京駅より浜松駅まで新幹線 1時間30分
新大阪駅より浜松駅まで新幹線 1時間30分

在来線の場合は、浜松駅車15分・高塚駅より車5分

 

■バスでお越しの場合
バスは、5分~10分間隔に出ており大変便利です。
バスについてはバスターミナルの案内所で詳細お聞きください。

浜松駅バスターミナル
5番ポール
「20番宇布見山崎」行き 
20分乗車「矢田坂」下車  徒歩3分
※20番のバスであれば行き先が違っても矢田坂に来ることができます
※浜松駅方面よりお越しの場合、矢田坂下車後は、道の向かいの「産みたて卵の自動販売機」脇の細い路地を北に進んでください。
そのまま直進徒歩3分で龍雲寺につきます。

 

■タクシーでお越しの場合

浜松駅より15分
入野の龍雲寺で伝わると思いますが、
「佐鳴湖南の飛行機置いてある喫茶店の隣のお寺」
と言えば確実です